• ゆきこ

発表会vol.3


私は発表会会場はあまり同じところを使いません。

年齢も住んでいる地域も違うたくさんの生徒さん達の利便性、

音響、照明、ピアノ、動線の良さ、駐車場…

全てに納得出来る所はなく、

また、市営ホールは抽選に何度も足を運ばねばならず、

(何度か言ってますが、低血圧で朝が本当に苦手です)

今回はその、抽選がなかった点が本当に本当に助かったのです。

そして、決める前に見学も音だしもさせて頂けました。

同じホールを使わないということは、毎度リハーサルがバタバタということ。

以前、池田のホールや箕面のホールを連続して使った時は、使い勝手が悪くても慣れたものです。カメラマンを務める夫にとっては、同じホールだとストレスも軽減しているようです。

初めてのホールはリハーサルでもずっと撮ります。

子供の身長によってアングルがかわり、立ち癖、楽器の持ち癖によってもコツがいるようです。

以前、ビデオを担当して下さっていた生徒ママもそう仰っていました。

三脚たてて撮りっぱなし。かと安易に考えてたのでうかがった時は本当に申し訳なく思いました。

私の立場から行くとやっぱり音響の良さを最優先にしたい。

しかし、小さな生徒さんにとってはいくら音響が良くとも遠いと大変だし、

様々考えるとなかなか満点に近いところはないのでした。

毎回の発表会ではなるべくたくさんの生徒さんに参加してもらいたい!との思いから中高生のスケジュールがうまく噛み合わず、そこも大変でした。

今回は割り切って、初めから小さな生徒さん中心の発表会にするつもりで動きました。

小さな生徒さんが多い会なので、人数がいても発表会自体はそんなに長くなりません。

一番の生徒さんは年少さんのRちゃん。

昔々の合同発表会では一番の生徒さんが泣き出しちゃって、二番の子が入れ替えで先に出るみたいな事が多々ありました。

Rちゃんは落ち着いているのでそんなことはありません(^.^)

リハーサルで弾けなかったところもちゃんと弾け、堂々たるトップバッター。

#ヴァイオリン発表会 #発表会

180回の閲覧