• ゆきこ

弓選び vol.2


揃えて頂いた5本を少しずつ試し、

娘はすぐに1本気に入りました。

「弾きやすい」

弓も飛ばし易い場所、圧のかけ方など1本1本変わりますが、

確かにとても弾きやすそうです。

2年前の弓選びの時には、持ってすぐに弾きやすい弓にはあたらなかった(あっても他に問題点がありました)ので、

これは運命かと私も嬉しくなりました。

5本の弓の中で3番目に並べてあったので、4番目と5番目はあまり記憶に残らず。

そのまま師匠のレッスンに5本全て持参し見て頂きました。

そこで大どんでん返し

師匠が全て試し弾き、なんと4番目の弓は他の弓に比べて倍音が鳴りやすい

その違いは娘にも分かったようでした。

目が驚いています。

娘の楽器でも試して下さいました。

同じく音が広がります。

師匠は「私はこの弓が弾きやすい」言いきられました。

あんな音を早く出したい。

帰宅後すぐに4番目の弓で弾いてみるも、飛ばす位置が決まらず。

イライラしながらも、若いってすごい、翌日にはコツが掴めました。

もうひとつ懸念することは今までの弓が標準より軽く、今回の弓はそれより2グラムほど重いので、腕が疲れないかということです。

翌日も翌々日も筋肉痛にならなかったのでホッとしました。

私も使ってみましたが、私にとっては良い意味で癖がない弓だと感じました。

そして、こんな弓が欲しいと思っていた通り発音のしやすい弓です。

弱音が弱いながらもクリアに出て、アクセントもつきやすい。

ヴァイオリニスト千住真理子さんの著書にこう書かれていました。

千住さんが名器ストラディバリウスに出会って購入を決意された時の話です。

"それまでの楽器は決して弾きやすくなかったけれど、

その分成長出来た。"

その通りだと思います。

またひとつ前に進めました。

近くのショッピングモール内のスイーツ。

娘と行けば必ずここへ誘導されます。

私は季節限定があれば絶対それを食べますが、

娘は常に同じプレーンなもの。

私と娘は性格がとても似てると思うけど、実は違うのかも(^^;

#楽器選び #弓 #練習方法 #スイーツ

655回の閲覧