• ゆきこ

初めてのランチ


娘の通う音楽科、中1にはヴァイオリン専攻が二人だけです。

“だけ”と書きましたが、中2には三人いるけれど、中3にはいません。

もう一人のヴァイオリン専攻の親子とは入学式でご挨拶したきり、

子供同士も別グループだし、交流がなく残念に思っていました。

交流がない一番の原因はオケのクラスが違うこと。

オケには弦楽クラスとオケクラスがあります。

先月あたりから、娘の所属するオケクラスに上がってこられたことがきっかけで、学校主催のコンサートや公開レッスンなど次々と一緒に行く約束を取り付けてくるようになりました。

そんなこんなでお母様とも入学から半年 以上たってから初めてのランチ

門下が違うので、別門下のお話も大変興味深く聞かせて頂きました。

年配の先生なので、ちょうど門下一丸となって色んな事をしていた時代からの先生で、やはり、発表会前は3日間の合宿があり、そこで寝食を共にしながらラストスパート、

忘年会、新年会などもお好きで、門下役員会がある…。

今は退官された某教授は、門下のお母様方が交代で家事に入り、身の回りのお世話をしていたと聞きます。

音楽界では、わりと当たり前な時代でした。

お互いがお互いの師匠をリスペクトしながらお話する時間は、あっという間に過ぎてしまって。こうやって書くと時代が大きく変わったなぁと感じますが、せめてレッスンの受け方やお家を訪問するマナーは変わらないで欲しいと思います。

目をつぶることも多い昨今のレッスンですが、折を見て子供たちにもお母様にも、お伝えしていかなくてはならない事項もありますね。

今週は学校主催の公開講座、公開レッスンが続きます。

私も聴講に行って勉強してくるつもりにしていますが、まずは公開レッスンで必要な楽譜をたくさんのコピー譜の中から探さなきゃ(^^;

#交流 #ランチ #ジュニアオーケストラ #時代

1,586回の閲覧