• ゆきこ

バッハ三昧


スーパーキッズのコンサートへ行ってきました。

チケットを買って聴くのは初めて。

6年ほど前、旅行先の河口湖でたまたま聴けたことがありました。

メンバー内にどんどん知り合いが増え、大きな芸文のホールで聴く今回、

素晴らしい演奏に感動する以上に、娘に足りない物を考えさせられ、

娘も考えているようで、少し気持ちが重くなった帰り道となりました。

『すごかったね』『楽しかったね』で帰れると思っていただけに、後味があまり良くないのですが、

身近なメンバーが増えたので「レベルとしてどうにか近付きたい!」と思えてるということなのでしょう。

特に、合間に挟まれるソロ演奏(団内オーディションで選ばれる)、皆さん圧巻でした。

無伴奏のバッハが大ホールに響き渡って…、ステージ上、たった一人きりでも存在感がたっぷりでした。

指揮者の佐渡さんは“音楽の方程式”という言葉を何度もおっしゃっていました。

ステージの上のキッズ達は上手なお子さんではなく“音楽の方程式”を知ってる子達

イコール、上手なお子さん達といえばそれまでですが、それだけじゃない。

楽器の仕組みに惑わされず、きちんと音楽を見据えることが出来るように、娘を又、生徒さん達をリードしていきたいと思います。

満員のお客様相手に、三時間もの公演で、休憩が20分もありました。

その間、お隣のお席のおばあ様と気があってずっとお話。

メンバーとお知り合いとのことで、メンバー談義や、クラシックファンでいらしたので数々コンサートのお話など…。

一緒に行ったお友達、退屈してないかなと思えば、お友達もお隣のおじいちゃんとお話してました(笑)

前日は学校から直接、学生音楽コンクール予選を聴きに行った娘です。

そのあとオケがあるので、楽器を背負って行ったら、会場で「もう弾き終った?」とたくさんの人に声をかけられたらしいです。

考えあって、今年は学生音楽コンクールはお休み。

その判断が正しいか間違ったかわからないけれど、焦燥感はたっぷりです。

35人分のバッハとパガニーニ。

客観的に聴けたことで、「バッハって面白い」ことにようやく気がついたみたいで、これは収穫です。

ほんとかどうか知りませんが、「一日中バッハだけ練習してたい」と言い出しました。極端(笑)

#スーパーキッズ #コンサート #バッハ

165回の閲覧