• ゆきこ

ママと一緒に


1週間限定の娘のお弁当作り。(お弁当は毎日持っていってますが、なぜ1週間かはつっこまないで下さいね)

毎日毎日、かなり張り切って頑張りました\(^^)/

やるとなると凝り性です。

しかし、最終日、「明日は何にしようかな~」と一緒に買い物に出掛けると「あんまり凝ってると冷やかされるから普通でいい」と言われました(^o^;)

難しいお年頃。

体験レッスンがありました。

前回のblogで書いた、ママさんと一緒にヴァイオリンを弾きたい女の子。

とても大人しい女の子ですが、ヴァイオリンケースを見たとき、

私のお手伝いで“きらきら星”など知ってる曲を弾いた時は、笑顔がこぼれ、目がキラキラしていました。

帰りのお車に乗ってすぐ、「明日も来たい」と言ってくれたそうです。

この世に生を受けて僅か3年で、これだけ目を輝かせる物を見つけること自体が才能。

楽器練習は楽しいことだけでは進んでいけないものですが、

時に苦しさ辛さも経験して、楽しさ喜びに変わることも教えつつ、彼女の気持ちを大事にしていきたいと思います。

責任重大ですね。

娘が小さい頃、娘には「好き」の気持ちは欠片もなかったと思います。

だからこそ、思いっきりやれたところもあります。

ちょっと前話題になっていた藝大を舞台にした「最後の秘境 東京藝大」を娘が学校の図書室で借りてきました。

美大、音大、交えながら面白おかしく書かれているのに、なぜか涙が止まらない箇所が数ヵ所ありました。

淡々と書かれる文章は音楽の深部を知らなかったら“活字”でしかない箇所かもしれません。

自分が辿ってきた道、私が決めた道を娘がどう思って歩いてきたか

などを当てはめて読んでしまい、

感情が吹き出てしまったのです。

体験レッスンでも、話題の本でも今までを振り返り、これからのことを考えた1週間でした。

#お弁当 #体験レッスン #お勧め本

166回の閲覧