• ゆきこ

新たな世界


音楽進学コースに進んだ娘にはたくさんの音楽友達が出来ました。

その中の一人、劇団四季ライオンキングにも出演した声楽科のお友達のカフェコンサートに行ってきました。

私の母は音大の声楽科卒で、今も何かというと歌い出す人なので、

歌は身近なつもりでしたが、全く違った世界でした。

アニーなど、様々な役をこなしてこられたお子さん達が自由に楽しそうに演じ、歌う姿は、音楽の根本を考えさせられました。

先生もピアノ伴奏、司会進行全てご自身でこなした上、常に場を盛り上げ笑顔をたやさず。

スピッカート・ヴァイオリン教室も発表会が近いですが、仕上げることももちろん大切、だけどピリピリせず、楽しいことが待ってるよ♪といった雰囲気を欠かさないようにしていかないといけないなぁと

そういった点も改めてお勉強させて頂きました。

そして昨日、またまた体験レッスン&入会がありました。

Ko君(7歳)先月、お父様の赴任先のギリシャから帰国されたばかりだとか。

先々週、入会されたドイツ帰りのJuちゃん(7歳)のドイツのテキストも進み方が不思議な感じでしたが、

なんと昨日のKo君の楽譜はギリシャの先生自らの手書き!!

ヴァイオリンを始めて2ヶ月だというのに、指の場所にシールもなく、1の指は音程良くとれており、それを誉めた上で、「2と3の指にシール貼ろうか」と提案すると、

誇らしげに「僕、貼りたくない」

頑張って、耳を育てましょうね。

「ママのお教室はどうして帰国子女やインターナショナルな人が多いの?」

分かりません(^^;

そろそろ英会話、お勉強した方がいいかな(笑)

#ヴァイオリン発表会 #体験レッスン #友人

222回の閲覧