• ゆきこ

音楽的な週末


先週末、ピアノの調律をして頂きました。

音が狂っていて気持ち悪かったのですが、エアコンをあまり使わない時期まで我慢していました。

ピアノの調律をするなら、梅雨時期、エアコン使用時期を避けましょう

元々、我が家のピアノは「キレイな音~♪」と生徒ちゃん達がこぞって触りたがります。調律後の音色はさらにうっとり。

いつもお洒落なスリーピースでお越しになる調律師さんに、北摂地域のホールの音響情報を色々教えて頂きました。

午後は生徒Ta君(中1)の所属するセンチュリーユースオーケストラの定演を聴きにいずみホールへ。

中高生は思春期なのか、師弟マナーなのか、口数が減ってしまう子が多く、心境や状況が把握しずらいのですが、こうして頑張っている姿を客観的に見ることで、話すより分かることがあります。blogにも書いた覚えがありますが、所属前にユースオケの練習を一緒に見学に行き、オーディションまで日がなかったので、「とりあえずオーディションを受けてみて、ダメだったら半年後またチャレンジしたらいいんじゃない?感じも掴めるし。」と勧めた事を、

お母様が「背中を押して下さって…」と喜んでおられました。

先週のレッスンの時にTa君に「もう1週間しかないから、臨時練習とかあるの?」と聞いたら、「ありません、スケジュール通りです」

このユースオケは中1~29歳までの在籍が可能なのですが、

中学生以上になれば、各自が計画的に仕上げていくことが出来るのですね。

昨今の若者は優秀だわ。

そうは言っても最年少、今はやることが沢山で精一杯かもしれない。

でも、いつかきっと、生活の中に音楽があることに幸せを感じてくれるといいなと思います。

その後レッスンがあったので、渋滞の中慌ただしく帰宅。

色んな形の音楽があった充実の1日でした。

#日常 #調律 #センチュリーユースオーケストラ

213回の閲覧