• ゆきこ

オーケストラスタディ


3日前の夜遅く、娘の師匠からメールを頂きました。

『オケスタ講座が聴講できるから来ないか』という内容です。

クリーブランド管弦楽団に34年在籍している広江洋子先生が講師を務める、滅多にない素晴らしい講座で、春からオケに入りたい娘の良い勉強になると、お知らせ頂いたのでした。

オーケストラスタディとは文字通りオーケストラ楽譜(パート譜、スコア共に)を理解したり、練習のコツを学ぶことですが、この日はプロオケオーディションを受ける時のコツがメインだったようです。

実は場所が春からお世話になる学校の講堂で、この日は朝から制服採寸等で行く予定でした。ただ、オケスタ講座が始まる時間には私はレッスンのため帰宅したいので、娘だけ残して聴講させました。

師匠も心配してくださり「一緒に聴講して、帰りも駅まで送ります」と言ってくださったのでありがたいことです。

一方の娘は「え~、先生が隣に座ってたら寝れないじゃん」と言ってましたから、帰宅して話を聞くのが大変楽しみでした(笑)

この日の講座のスタイルは、題材が6曲ほど決まっていて、同大学生徒が三人ほど、演奏しながら注意を頂く、公開レッスンのような感じだったようです。

講堂の入り口で、演奏箇所のコピーをもらい、娘はそれに注意点を書き込んでいました。

とは言え、年齢的にはもう少し上が対象の講座なんだと思います。

ステージ上は白熱して、広江先生がおっしゃる運指が聞き取れなく、オタオタしていると、お隣の師匠が「貸して」と娘の楽譜に書いて下さったりコピーにない曲が始まってしまうと、師匠がiPadで楽譜を出して見せて下さったり

休憩時間には普段聞けない話をたくさん聞かせてくださったり…。

私も興味のある講座でしたが、私がいないことで沢山のお勉強が出来て良かったなぁと思いました。ただ、自分が聴講出来なかったので、内容が書けないのが残念です。

相手が何歳であろうと、ご自身の知識を惜しげもなく伝授してくださる師匠、私も常に向上して師匠を見習いたいと思います。

#クリーブランド管弦楽団 #広江洋子 #オーケストラスタディ #オーケストラ

245回の閲覧