• ゆきこ

やる気に答えて


X'masの記事もなく、淡々と年末ムードです(^^;

相変わらず、X'masケーキの予約もせずでしたが、簡単に家族でおうちご飯。

その後は毎年恒例の娘の学院のミサに出掛けました。

私のX'masはいつもブレずにこのパターン。

さて、この日、Saちゃん(小1)ママからメールが来ました。

冬休み用にと出した多目の課題がもう終わってしまったそうで、

先に進んでも良いかどうかという内容でした。

年齢が上がれば上がるほど、日々消化する事柄が増えて、進みたくとも進めなくもなってきます。

だから、進みたいと思う時期も大事にしたい。

宜しければ追加レッスンにどうぞ…とお答えしました。

OFF期間に申し訳ないと恐縮され、メールを出すのも躊躇されていた様子のお母様ですが、

私は何よりSaちゃんのやる気を優先したいと思いました。

無事、追加レッスンで先の課題に進めたSaちゃん。

頑張ってね!

娘の方は、スケール大会から3日後に年内最後のレッスンがありました。

この日は曲をメインにご指導頂こうと話し合い、「3日間、一人でどれだけ出来るかチャレンジしたい」と言うので本人に任せました。

不思議なことにレッスン室で一緒に聴いてると練習時間があっという間で

“集中すればもっと出来たことがあったんじゃないか”と日々思うわけですが(私だけ)、

練習を見ていないと時間の経過がゆっくりで“こんな長時間、大変だなぁ”なんて少し可哀想にも感じたりします(笑)

そうして、割りと自信満々で受けた最後のレッスンですが、

思ってもみない方向に進みました。

「1度、伴奏をつけてもらって完成させましょう」

コンクールでも発表会でもないのに、

1度限りのレッスンの為に、伴奏の先生に練習と御足労をおかけするわけです。

なんとまぁ、贅沢なことか。

いかに伴奏を理解し引っ張っていくかで悩んだ今年だったので、

有り難い事でもあるし、

師匠が娘の難点を分かってのご提案だと思うので、是非、大切なレッスンとして吸収して欲しいところ。

やる気の見せどころ(^o^)/ですね!

今年最後?のお買い物…ヴァイオリンのブローチを買いました。

ヴァイオリンのブローチはもうひとつ持っているけれど、これは貝で出来ているそうですよ(^o^)/

#クリスマス #レッスン方法 #伴奏合わせ

164回の閲覧