• ゆきこ

幼なじみ


生徒のSe君は娘の幼なじみです。

幼稚園のころ、家の前の電信柱の周りをおいかけっこ。

早いもので二人ともこの春には小6になります。

中学受験の勉強の傍ら、息抜きがてらヴァイオリンを弾くSe君と、 反してヴァイオリン練習中心で、勉強は最低限の娘。

勉強から要領を学び、短い時間でヴァイオリンを習得するSe君と、 ヴァイオリン練習から、いかに楽して問題を解くかを学ぶ娘。 これからどんどん時間の確保が難しくなるなかで、 二人とも要領よく成長しているようです。

多感な時期ですから、レッスン前後に顔を合わせても、幼稚園の頃のようにはいきませんが、二人とも覚えているのかな? とっても仲が良かったんですよ。

今がちょうど進路の枝分かれ時期だと思いますが、ウェイトは変わっても、 ずっとずっと二人の生活の中にヴァイオリンがあるといいなと願います。

Se君はまだ4分の3を使っていますが、 娘がフルサイズを購入し、 実家では「今年の秋は十三詣りよ!」と母が張り切っているのを見ると、 子供の成長ってなんて早いんだろうと嬉しい反面、少しセンチメンタルになったりもして…。

そうして、アルバムの写真を一つ一つ見ていると、私もほっぺがフワッとしてて、若かったなぁ。 気持ちだけでも若く元気に、来週からも頑張ろう(^o^;)

#子育て #成長

10回の閲覧