• ゆきこ

発表会伴奏合わせ


連休中は通常レッスンと伴奏合わせで ずっとレッスン室にいました。

空気が冷えた方が楽器の音が良いので、 私は内臓まで冷えた感じでした。

今年は本人たちの出来で「止まる」「間違える」はあるものの、 合いにくい曲はなかったように思います。

今年は私の方でも、通常レッスン中に毎回以上に生徒ちゃん達と

スコアを良く見て、ピアノの動きを確認していました。

毎回の伴奏を担当して下さるT先生は「合わせるから自由に弾いて」 我が門下のヴァイオリニスト達が気持ち良く弾けるように差し向けて下さいますが、

発表会歴が長い子達には、そろそろ「合わせる」ことを学んで欲しいと思っています

「こう弾きたい」と思っている事は、口で言わないと伝わらないし、

演奏中に伝えたい時は身体全体を使ってアピールしないとわかりません。

来週にも伴奏合わせがありますが、可能な限り伝えていこうと思います。 今回は昨年今年と連年開催となった発表会ですが、

昨年まではどこか他人事のような顔で伴奏合わせをしていた年齢の子供達が、 今年は「何とかしないとやばい」と感じている表情をしているのが感慨深かったです。 みんな成長しているんですね。

1つ残念なのは、初めての伴奏者やお久し振りの伴奏者に、

自ら挨拶とお礼が言える子が少なかったこと

そのなかで、中学生のお姉ちゃんがママの代わりについて来てくれたご家庭がありました。 このお姉ちゃん、初対面にも関わらず、ご挨拶がしっかりしている上、 生徒さん本人と一緒に伴奏者にお礼もきちんと言え、しかも、ソックスマナーまで。 感心した出来事でした(^.^)

写真は、ちょうど疲れた頃に頂いた差し入れです。

#伴奏合わせ #発表会 #マナー

8回の閲覧