• ゆきこ

伴奏の力


先月末に生徒Aちゃんの相愛音楽教室、楽曲試験の伴奏合わせで

久し振りに伴奏のK子先生にお会いしました。

私は早速、影響を受けて、ここ2週間はレッスンで伴奏をつけることが増えました。 足を引っ張っていそうな伴奏ですが、それでも伴奏をつけると、一気に曲想を掴みます。

K子先生のお話に戻りますね。 無理難題も「出来る」と思えば、忙しい身を調整して取り組んでくれる、

スピッカート・ヴァイオリン教室には無くては困る存在です。そして 私以上に私の指導ポリシーを理解し、称賛してくれる貴重な方です。

「スピッカート・ヴァイオリン教室の生徒さんたちはイキイキと、〝私を見て!”

ってアピールして演奏しているから、伴奏していて楽しい」

会うといつもそう言ってくれます。

この時期は発表会、コンクールと本番が多いので、ついついテクニック優先で

視野が狭くなりがち・・でもそれだけではダメよね、とK子先生が思い出させてくれます。

生徒さん達には「合わせるから好きに弾いてみて

気持ちをほぐすのがとても上手で、我が門下の方々は恵まれているな、と思います。

もうかれこれ16年のお付き合いとなるK子先生。

その辺のお話も、また書きたいと思います。

#伴奏合わせ #K子先生

11回の閲覧