• ゆきこ

知らない一面


今日は中学生生徒Aちゃんの所属する部活バンド部の発表の場に足を運びました。

Aちゃんはエレキギターを下げて、颯爽と登場。

演奏姿は一際楽しそうで、メンバーの誰より余裕。

彼女にとってヴァイオリンもエレキギターも“音楽”という一括り、ヴァイオリンがというより、音楽が好きなんですね。

このAちゃんは能力がたくさんあるはずなのに、練習嫌い。

小学生の時は木登りをしていて、サルも真っ青の運動神経! 

それがリズム感に生き、抜群のセンスと共に美しい音色に生きてきます。

コンクールなどでじっくりと客席で彼女のヴァイオリンを聴ける時、

どんな超絶テクニックを持っている子より、Aちゃんはキラキラ輝いています。

その理由が今日、バンド部の演奏を見て、わかった気がします。

“音楽が好き” 最後に勝つのはこういう子かもしれませんね。

出番終了後すぐに、相愛音楽教室へ。

まさに楽器の境い目を取り払っています。

同じホールに毎年春に吹奏楽部に席をおく中学生から誘いを受け聴きに来ますが、

この時もレッスンの時とは違う顔で、真剣にフルートを吹く姿に驚かされます。

こうやって「先生、聴きに来てくれへん?」と誘われることは、とても嬉しいです。

運動の試合とかでも(*^^*)生徒たちの別の一面を見る事で、

子供たちへの理解が、より深まりますね。

ちなみにこのAちゃん、来年は受験生、音楽高校を志望しています。

頑張りましょう^_^

#箕面市青少年文化祭 #エレキギター #相愛音楽教室

15回の閲覧