• ゆきこ

無事に終わった発表会


※上は「小学生アンサンブルの部」のお写真です。

昨日、発表会が無事終了しました。

生徒さん達は前回の発表会から技術的にも精神的にも

驚く程、成長しており、1日1日近づくにつれ、意識がスムーズに

発表会に向かっていくのが分かりました。

また毎回ながら、保護者の方々、そして私の家族のサポートも大きく、

毎年以上に忙しい今年の夏ですが、無事開催出来たこと嬉しく思います。

私自身はずっと舞台裏にいますので、演奏中の生徒さん達の表情が分かりません。

しかし、ステージは不思議ですね。

絶対大丈夫と思っていた子が演奏でつまづいたり、

逆に大丈夫かしら…と心配していた子が、堂々と弾ききったり^ ^

でも、「100回のレッスンより1回の本番」という言葉があるように

どちらの演奏であったとしても必ずや実になります。

前回の発表会で上手くいかず、とても落ち込まれた大人の生徒さんがおられ、

今回はレッスンの度に「前回のようにはなりたくない!」とおっしゃり、頑張っておられました。

昨日の本番では、「緊張しましたが、何とか満足いく出来でした、

今度は気持ち良く弾けるようになりたいです!」

と更なる高み目指して…^ ^この大人の生徒さんのような経験は貴重です。

二回の発表会を通して、精神的にも飛躍されたなと感じますよ。

発表会前最後のレッスンでさえ、暗譜が不完全だった生徒君、

とてもとてもマイペースなので、本人を信じてそのペースに任せていました。

発表会コメントも「自信がありません」で締めくくり、出番前の楽屋練習では、

別の曲を一心不乱に弾いていて…

しかも、出番直前、伴奏を担当している私に「2、3カ所飛ぶと思うから…よろしく」

(^^;;とてもとても不安な気持ちで一緒にステージへ出ました。

が、見事弾き切り、私を振り返った彼の顔が忘れられません^ ^

もう中学生ですが、抱きしめたくなりました!

もちろん、練習から着実に完成度を上げて、ステージでも

その通り弾けた子もたくさんたくさんいました。

また、少しずつ書いていこうと思います^ ^

#発表会

14回の閲覧